カテゴリー: 宇宙・自然

0

人類に壊滅的な被害 南北の磁極が入れ替わる「磁極の逆転」が近い未来発生すると科学者が確認

  近年、地球の磁気が急激に弱まってきており近い未来に北と南の磁極が入れ替わる「磁極の逆転(ポールシフト)」が発生する可能性があると、科学者や研究者などによって確認された。 ロチェスター大学の地質学者らが南アフリカにおける磁気の変化のレポートで、 ・磁極の逆転のメカニズムは未だ解明されていない ・磁極の逆転は過去2000万年の間に20万年から30万年に1回のサイクルで発生している ・しか...

0

ダークマターの謎を解明の可能性  宇宙最初の星を史上初観測で科学界「最大級の天文学的発見」

  先月28日、宇宙で一番初めに生まれた星の初代星(ファーストスター)の痕跡の電波を史上初めて検出したと、米アリゾナ州立大学(Arizona State University)などの天文学者チームが発表した。 英科学誌ネイチャーに掲載された論文によると、「初期宇宙の温度がマイナス270度と、これまで推定されていたより2倍も低温だったとみられることが、観測データから判明した」。 イスラエル...

0

宇宙空間から鋼鉄の槍を投下、核兵器並みの破壊力を持つ「神の杖」 アメリカ政府が開発中

  宇宙空間にある兵器人工衛星から細く硬い鋼鉄の槍を投下し衝撃波だけで核兵器並みの爆発を発生させる事が出来る兵器「神の杖」(Rod of god)を、アメリカ政府が開発している可能性があるという。 神の杖に関する情報は2000年頃から出てきており、ここにきて改めて情報が浮上してきたという事だ。   画像:funcrush28 このニュースの反応 1: 名無しさん@ひめむら 20...

0

NASA、火星の風景を360度撮影したパノラマ映像を初公開

    火星探査機「キュリオシティ」が撮影した画像から作成したパノラマ映像を、NASAジェット推進研究所が発表がした。 この映像では人間の感覚で捉えられる色調に調整されているという。     このニュースの反応 1: 名無しさん@ひめむら 2018/02/06(火) 19:52:47.946 ID:3v2+AOZv0 すごい…感動した(;_;)  ...

0

ロシア「宇宙高級ホテルを一般人に提供する」 2020年代にサービス開始の見込み

  2020年代に、一般人が1週間から2週間程国際宇宙ステーション(ISS)にモジュールとして接続して設けられる、「高級宇宙ホテル」で生活できるサービスをロシアが開始する方針であることが、Popular Mechanicsで報じられました。 Popular Mechanicsによると、宿泊者数は4人程度で、それぞれに地球を見下ろすことができる個室や、エクササイズ設備・機内Wi-Fiが提供...

0

元米国防総省の極秘UFO研究プロジェクトの責任者「地球外生命体が地球に到達している証拠と確信がある」

  18日、地球外生命体が地球に到達している証拠と確信があると、 米国防総省で観測情報や目撃情報を調べていた極秘UFO研究プロジェクトの責任者のルイス・エリゾンド氏が、CNNのインタビューで語った。 エリゾンド氏は、同プロジェクトで調査対象とした物体について、「そうした(我々が呼ぶところの)航空機は、現時点で米国のものでも外国のものでもない特徴を有している」「航空力学の法則を無視している...

0

【月の裏側】月の公転軌道よりも外側から撮った、地球の手前を横切る月の写真が話題に

  ちょっと面白い画像を紹介。DSCOVRという衛星がとらえた地球と月です。150万kmの距離から撮影したもので、地球の手前を横切る月を映したものです。何が面白いかというと、見慣れた月とはちょっと変わった感じがしませんか? 月の公転軌道よりも外側から撮っているので、月の裏側がみえています。 pic.twitter.com/LMXFkHDhWl — 岡本典明 (@BookBrightJp)...

0

【ロンギヌスの槍?】観測史上初、横幅の10倍以上ある細長い小惑星が飛来

  20日、観測史上初となる「恒星間天体」に認定された、横幅の10倍ほどある長さ400メートル以上の非常に細長い形の小惑星が太陽系外から飛来してきたことを、NASAが発表した。 米ハワイ大学などの研究チームが10月に発見し、ハワイ語で「偵察者」を意味する「オウムアムア」と命名されたこの小惑星は、岩と金属でできていて水や氷は無く、7時間ほどの周期で自転しながら秒速38キロで飛行している。 ...

0

中国の衛星「天宮1号」、制御不能で数ヶ月後に日本含む主要都市に落下の可能性あり

  13日、2016年9月に制御不能に陥った中国の衛星「天宮1号」(無人宇宙実験室)が制御不能となり、2018年の1月~3月の間に落ちてくる可能性があると、英紙ガーディアンなどの海外メディアが報じた。  予測されている落下地点は、欧州宇宙機関(ESA)によると、北緯43度から南緯43度までの間にある東京, ニューヨーク, 北京, シドニー , ニューデリー, 香港など世界の主要都市だとい...

0

生命存在の可能性あり。ついに地球と同じような惑星が発見される

  15日、 おとめ座の方向に11光年離れた赤色矮星「ロス128」の周りで地球に似た惑星が発見された。 発見された惑星「ロス128b」は静かな恒星の周りを回っており、ロス128が70億歳と成熟していて自転もかなり遅くなっているおかげで、ロス128bには生命が生きやすい穏やかな紫外線が降り注いでいる可能性があるという。(水が液体で存在するかまだ不明) 赤色矮星の周りを1周約10日で回り、距...

0

【こわっ】入った瞬間即大やけど、アマゾンの沸騰する川

著作者:Jonathan Kos-Read 【こわっ】入った瞬間即大やけどのアマゾンの沸騰する川   アマゾンの奥地で数年前に発見されたというこちらの沸騰する川(The Boiling River)。 地熱で温められた水が地下から上昇したこの川の温度は最も熱いところで約98℃(華氏210度)にものぼり、もし人間がこの水に触れたりするとほんの数秒で 2〜3度熱傷(重症の火傷)を負ってしまう...

雪の風景 0

失われつつある氷の世界。美しき氷河の崩壊

ビエドマ氷河の崩落   こちらはパタゴニア(アルゼンチン)にて2016年の3月に撮影された映像です。 まるでクリスタルのような青く光る氷が見事に崩れていく様子が撮影されています。   ペリト・モレノの氷河橋の崩壊     少しずつ崩れていくハバード氷河   今もなお世界中で失われ続けている氷河。 地球温暖化によって氷がとけて水面が高くなって&#82...